WORKS

プラウドフラット
中落合 【2017】

RC造地下1階地上7階建て
集合住宅

g_type2017_i.jpg




緩やかな傾斜のある敷地に建つ37戸の賃貸住宅。
日影規制と天空率によって削り絞られた建物形状の中で、敷地の高低差を利用した高階高のエントランスが生まれた。自然光と籠目文様の格子天井が特徴的なエントランス空間となっている。
住戸はバルコニー面を逆梁とし、部屋の奥まで自然光がいきわたるような設計となっている。