WORKS

プラウド片平西公園 【2012】

RC造地下1階地上15階建て

集合住宅




外観とエントランスのデザイン監修物件。
限られた敷地内でどれだけ豊かなスペースを生み出すことができるか。
エントランス内部には自然光が降り注ぐ大きなトップライトが設置され、柔らかな光につつまれた空間となっている。
この高天井高の内部にはガラスのショーケースが8個配され、その中にはこの敷地内の地下深くの砂層で採取した砂を利用しガラスのアートを製作(作者:ガラス工房「海馬」村山耕二氏)し展示している。そのアートは居住者だけでなく通りすがりの通行人も外側から鑑賞することができ、内と外の両方に開いたエントランスである。
外周部には壁面緑化を施し、歩道を通行する人や車に対して優しい外構としている。